【インハイ準々決勝ハイライト:青森山田×米子北】鳴海彰人が大会通算7点目! 東北の雄が準決勝に勝ち上がる

7月31日(日)、平成28年度全国高等学校総合体育大会(インハイ)の準々決勝、青森山田対米子北の試合が広島広域公園第一球技場で開催された

森田将義| Photo by Masayoshi Morita

スポンサーリンク

青森山田の鳴海彰人選手が決めて今大会7得点目【写真左】 Photo by Masayoshi Morita

 7月31日(日)、平成28年度全国高等学校総合体育大会(インハイ)の準々決勝、青森山田対米子北の試合が広島広域公園第一球技場で開催された。試合開始と共に猛威をふるったのは米子北の伝統であるロングボール。ボールを持つと自陣から素早く前線に浮き球を配給し、FW11番・伊藤龍生選手らが競り合ったこぼれ球を2列目が高い位置で、回収。

 サイドからの二次攻撃で青森山田のゴールに迫った。試合後、城市徳之総監督が「前半は青森山田に何もさせなかったと思う。うちのゲームだった」と振り返った通りプラン通り戦いを見せたが、GK1番・廣末陸選手を中心とした青森山田の牙城を崩せず前半を終えた。

 対する青森山田は米子北に付き合い蹴り合いで応戦したため、前半は持ち味である中盤でのパス回しが機能せず。後半に入ってからはMF10番・高橋壱成選手を中心に中盤でのボール回しを修正し、反撃に出た。

 すると後半9分に、中央でボールを持った高橋選手が右サイドへとスルーパスを入れると、駆け上がったDF2番・鍵山慶司選手が中央にクロスを展開。

 DFに当たり、ゴール前に落ちたボールをMF7番・郷家友太選手が粘っておさめると、最後は走り込んだFW11番・鳴海彰人選手が「低く強く狙った」と豪快に決めて均衡を崩した。15分にも鳴海選手が中央で突破。左サイドをフリーで抜け出した途中出場のMF8番・嵯峨理久選手に預けると、ダイレクトシュートを決めて、引き離しに成功。18分に一点を返されてしまったものの、再び圧力を増した米子北の攻撃をしっかりと跳ね返し、逃げ切りに成功した。

1 2

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑