青森山田GK廣末陸とコーチの絆とは。プロへ羽ばたく高校No.1守護神

青森山田のGK廣末陸はGKコーチである大久保隆一郎氏のもとで成長した。栄冠を手にするまでの努力の日々を振り返る

舩木渉| Photo by 編集部 Editor

スポンサーリンク
青森山田

青森山田のGK廣末陸(中央左)、大久保隆一郎GKコーチ(左) Photo by Editor

 ボールを蹴った時の「ボンッ」というインパクトの音、そして美しい弧を描くボールの軌道に観客が歓声をあげる。プレーの度にスタジアム中の視線を集めるGKはどれほどいるだろうか。そんな稀有な魅力を持つのが廣末陸だ。

 名門・青森山田高校の全国高校サッカー選手権初制覇に大きく貢献した廣末が、決勝の試合終了直後にベンチへ戻り「最初に感謝の気持ちを伝えに行きたかった」人物がいる。3年間苦楽を共にしてきた大久保隆一郎GKコーチだった。

 2人はただコーチと選手、師匠と教え子といった単純な師弟関係を超える固い信頼関係で結ばれている。廣末は「(大久保コーチには)結果以外で恩返しができるとは思っていなかったので、ひたすら結果だけを追い求めてやってきた。本当に最高の形で終われた。この感謝の気持ちを忘れず、次のステージでも頑張っていきたいと思います」と力強く語る。

 それを聞いた大久保コーチも「普段あまりそういう話はしないんですけど、その言葉を聞けただけでも、僕は3年間やってきてよかったなと思いました。最高の教え子です」と、愛弟子の言葉に笑顔を見せた。

1 2 3 4

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑