U-19日本、6試合無失点でアジア初制覇! PK戦までもつれる死闘制す

AFC U-19選手権の決勝が現地時間30日に行われ、U-19日本代表はU-19サウジアラビア代表と対戦した

フットボールチャンネル編集部| Photo by 佐藤博之 Hiroyuki Sato

スポンサーリンク

【日本 0-0(PK5-3) サウジアラビア AFC U-19選手権2016】

U19

U-19日本代表 photo by 佐藤博之 Hiroyuki Sato

 AFC U-19選手権の決勝が現地時間30日に行われ、U-19日本代表はU-19サウジアラビア代表と対戦した。

 今大会ここまで無失点の日本は準決勝でターンオーバーを敷いたため、十分に回復した主力メンバーを起用した。過去6大会で決勝に進んだものの、この世代でアジアを制したことがないため初優勝の期待がかかる。

 序盤はサウジアラビアの圧力に押されて何度かチャンスを作られるも、大会中1点も許していない守備陣がしっかりと耐え抜いて主導権を渡さない。その後は両チームとも持ち味を出しながら何度か決定機を作る緊迫した展開でスコアレスのまま前半を終えた。

 後半、60分に相手のタックルをスネに受けた三好康児が遠藤渓太との交代を余儀なくされる。日本は徐々にリズムが悪くなっていき、残り20分を切ると市丸瑞希に代えて原輝綺を投入。中盤のリズムに変化を加えて流れを変えようと試みる。

 しかし、これまでの相手と違って後半の残り時間が少なくなってもサウジアラビアのプレークオリティは落ちず、厳しい時間帯が続く。85分、相手の強烈なフリーキックが壁に当たってコースが変わり、原の頭をかすめてあわやゴールインという場面を作られる。直後のコーナーキックからもヘディングシュートを放たれて肝を冷やした。

 結局90分間で両チームともゴール生まれず、延長戦に突入する。開始直後、右サイドでアップダウンを繰り返していた藤谷壮がオーバーラップを仕掛けたところで両足を一度に攣ってしまい、初瀬亮と交代した。

 延長前半もゴールなく、迎えた延長後半の114分、ペナルティエリアの手前で堂安がファウルを犯してしまう。精度の高いサウジアラビアの直接フリーキックはゴールの枠を捉えたが、GK小島亨介がなんとかセーブし事なきを得た。

 どちらの選手も疲労困憊の中、120分間でも決着つかずアジア王者を決める戦いはPK戦へと突入する。

 PK戦の先攻は日本。最初のキッカーを任されたキャプテンの坂井大将は落ち着いて決める。サウジアラビアも1人目を成功させた。

 日本は2人目の堂安、3人目の遠藤、4人目の中山まで全員成功。サウジアラビアも3人目まで全員しっかりと決めてきたが、4人目が枠外に外してしまう。そして日本の5人目、エースの小川がしっかりと決めて日本がAFC U-19選手権初優勝を果たした。

【得点者】
なし

フットボールチャンネルより転載

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑