【PICK UP TEAM】ダークホースから本命へ! 埼玉県代表・昌平のサッカーとは何か。

29日の3回戦・前橋商業戦。表示されたアディショナルタイムは4分。観客の誰もが昌平の快進撃はここまでかと思っただろう。しかし、70+2分にエースのFW本間椋が体勢を崩しながらも同点弾

松尾祐希| Photo by 西田泰輔 Taisuke Nishida

スポンサーリンク
syohei001

今大会のダークホースになった昌平 Photo by Taisuke Nishida

 29日の3回戦・前橋商業戦。表示されたアディショナルタイムは4分。観客の誰もが昌平の快進撃はここまでかと思っただろう。しかし、70+2分にエースのFW本間椋が体勢を崩しながらも同点弾。

 その後のPK戦では勝負強さを発揮し、初出場ながらベスト8へと駒を進めた。

 今季の昌平は昨季からレギュラーを努めていた選手が多く残り、今年のチームは県新人戦で優勝を果たした。4−2−3−1の布陣が基本のチームにおいて生命線になっているのが、個性豊かな中盤のタレント陣。

 昨年から背番号10を背負う左サイドハーフのMF松本泰志や、ボランチの位置から正確なキックと類い稀なキープ力で攻撃に時間を作るMF針谷岳晃はチームに欠かせない存在だ。そして、「山下が今はかなり良い」と指揮官が語る山下優希の成長が中盤に展開力と早さをもたらした。

 そこで試合の主導権を握り、最後は抜群の加速力を持った突貫系ストライカー・FW本間椋が攻撃を完結させる。常にボールを動かしながら、果敢に仕掛けていく攻撃に絶対の自信を持っていたことは間違いない。

 ただ、全国大会はそれだけで勝てるほど甘くはない。そこで藤島崇之監督が春先から選手たちに伝えてきたのが、「いつもうちがやっているような形だけに拘らずに、色んなスタンスを持ち合わせてやっていくこと」だった。

1 2

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑