広い視野と高い技術を持つ、昌平高のレジスタ・針谷岳晃がジュビロ磐田加入内定!

10月19日(水)、ジュビロ磐田が2017シーズンの新加入選手として、昌平高校所属の針谷岳晃選手の加入内定を発表した

編集部| Photo by 西田泰輔 Taisuke nishida

スポンサーリンク
shohei

昌平高のボランチ・針谷岳晃選手
Photo by Taisuke nishida

 10月19日(水)、ジュビロ磐田が2017シーズンの新加入選手として、昌平高校所属の針谷岳晃選手の加入内定を発表した。針谷は広い視野、そして狭いスペースに正確なパスを通す技術でゲームをつくる。今年度の高校総体ではチームの主力として同校の全国3位に貢献、優秀選手に選出され、SBSカップに出場したU-19日本代表にも選出されている。プロフィールは以下の通り。

◆針谷選手コメント
「小さい頃からのプロサッカー選手になりたいという夢をジュビロ磐田という歴史あるクラブで叶えられることを大変うれしく思っています。今まで支えて下さった方々、また素晴らしい環境の中でサッカーができることに感謝し、日々の努力を忘れることなく1日でも早く試合に出場し、チームに貢献できるように頑張っていきたいと思います」

針谷岳晃(はりがや たけあき)
◆[生年月日]
1998年10月15日(18歳)

◆[出身地]
埼玉県

◆[ポジション]
ミッドフィルダー

◆[身長/体重]
166cm/56kg

◆[チーム経歴]
古河AZUL SC ⇒ FC古河ジュニアユース ⇒ 昌平高校(現在3年生)

◆[主な経歴]
2014年 全国高校サッカー選手権大会出場
2015年 関東プリンスリーグ出場
2016年 全国高校総合体育大会 優秀選手、U-19日本代表

◆[特徴]
高い技術と戦術眼を持ち合わせており、ボールを失わないことをベースに広い視野から攻撃的なパスを繰り出すことが大きな特徴である。展開力を駆使したゲームメイクとともに得点力にも長けている。

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑