【TEAM FOCUS】“カウンター”という名の矢をたずさえて。八千代が目指す千葉の頂

 2016年10月9日(日)、第95回全国高校サッカー選手権大会2次予選一回戦八千代と八千代東の試合が実施された

編集部| Photo by Editor

スポンサーリンク
kanichi

八千代高校メンバー

 2016年10月9日(日)、千葉日本大学第一高等学校にて第95回全国高校サッカー選手権大会2次予選一回戦八千代と八千代東の試合が実施され、2-0で八千代が二回戦進出を決めた。

「“カウンター”のチームと選手には言っています」

 冬に向けて、八千代・豊島隆監督が練り上げてきたチームの武器だ。技術の高い選手を擁し、テンポ良くパスをつなぐ。今年は、そんなパスアタックの八千代の印象ではない。続けて豊島監督は言う。

「今年は相手にボールを持ってもらったほうがいい。そこそこつなぎもできますが、最後までいけない。逆に変なところで取られてカウンターでやられてしまう。粘ってやらないとダメですね」 

 決して技術のないチームではないものの、強烈な個性のある選手のいないなかで生まれたスタイル。2016年 関東高校サッカー大会で準優勝。夏、関西の強豪である神戸弘陵や大阪桐蔭など、数々の試合を通じて選手権予選にむけて準備してきた選手たちも自分たちの型に自信を覗かせる。

1 2 3 4

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑