【U-19日本代表】岩崎に「俺が蹴る」。エースストライカー・小川航基の胸の内

10年ぶりの世界の扉をこじ開けたのは、エースストライカー・小川航基の一発だった。2ゴールを挙げた男の肉声を伝える

安藤隆人| Photo by 佐藤博之 Hiroyuki Sato

スポンサーリンク
U19

エースストライカーとして2得点を挙げた小川航基 Photo by 佐藤博之 Hiroyuki Sato

世界の扉をこじ開けたエースストライカーの一発

 10年ぶりの世界の扉をこじ開けたのは、エースストライカーの一発だった。

 8分、MF市丸瑞希のロビングに反応し、裏のスペースに抜け出すと、放ったヘッドはGKの頭上を越え、右ポストに嫌われた。しかし、こぼれたボールを右サイドでマイボールにした瞬間、「ゴール前で相手はボールウォッチャーになるので、ポジションを取り直せば、いいボールが必ず来ると思った」と、ボールに気を取られるタジキスタン守備陣の死角に入り込み、MF堂安律のクロスに反応して、今度は文句無しにヘッドをゴールに突き刺した。

 冷静に動き直してのゴールは、彼のゴールハンターとしての本能を示す一撃だった。初戦のイエメン戦ではチームのオープニングゴールを決め、勝利に貢献をしたが、その後のイラン戦、カタール戦とノーゴールに終わった。特にカタール戦は再三の決定機をモノに出来なかった。

「性格的にあまりプレッシャーとか感じるタイプじゃないので、別に点を取れなかったからと言って、あまり気にしないようにしています。気持ちの余裕が出て来たことは大きいです」

1 2

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑