[高校サッカー 心を揺さぶる物語]フリーキックに魅せられて <前篇>

[高校サッカー 心を揺さぶる物語]全国で本当にあった涙の青春ストーリーを紹介します

監修・執筆 安藤隆人| Photo by |シリーズ:[高校サッカー 心を揺さぶる物語]

スポンサーリンク

チームのキッカーを決める

開会式

 僕がフリーキックに魅せられたのは、中学3年生のときだった。
「新チームのキッカーを決めよう」
 監督の提案で、選手全員フリーキックを蹴らされたことがあった。

 キッカーになることに興味はなかったけど、僕も試しにフリーキックを蹴ってみた。
 すると、きれいな軌道を描いて、ボールはゴールに突き刺さった。
 気持ちよかった。
 
 それまでの僕は、何よりもパスに対してのこだわりがあった。味方フォワードの動き出しに合わせて、パス1本で相手ディフェンスを切り裂く。
 僕の頭の中は、「どんなパスを出そうか」という思いに支配されていた。だけど、このときのフリーキックの快感はそれに匹敵するものだった。
 チームメイトも、「お前のキックが一番よかったから、キッカーになれよ」と言ってくれた。

 その言葉に乗せられて、僕はチームのキッカーを務めることになった。
 試合でのフリーキックは緊張感があった。

 フリーキックのときは敵も味方も観客も、みんながキッカー一人に注目する。

 ボールを慎重にセットし、助走のためにボールから距離をとる。イメージを膨らませて、ゴールまでのボールの軌道を思い描く。タイミングをとって走りだし、右足を振り抜く。

 そしてゴールが決まれば、大きな歓声が上がる。
 僕はすっかりフリーキックの虜とりこになっていった。

1 2 3 4

    まだデータがありません。

PAGE TOP ↑